トップページあせもイボ原因背中ニキビ口コミオロナインしこりが 芯から
痛くない一回フラクション綺麗に効果皮膚科レーザー光薬で治療Sitemap

背中のニキビに気づいたら皮膚科に相談

ニキビ治療に必要な事

施術

ニキビ治療の第一選択肢は、市販の薬という人も少なくないかもしれません。
しかし、市販薬よりも効果的な成分が配合されているのが、クリニックで処方される外用薬です。

処方される薬

硫黄を配合したローションや抗生物質の塗り薬などはクリニックで処方されますが、
過酸化ベンゾイルを主成分にした塗り薬が認可されて以降、
ニキビの治療が飛躍的に効果を出すようになりました。

熱くなった角質を除去して皮脂の分泌をスムースにしてくれる、というのが
特徴の薬ですが、この薬は海外では多く使われていましたが、日本国内では
認可がおりたのが2015年です。

それ以前では、アダパレン外用薬が処方されることが多く、こちらも角質を
スムーズにして柔らかくする働きがあります。

ニキビには、毛穴が詰まらないようにすることが重要ですので、
アプローチは皮脂の分泌をスムーズにしたり皮脂が詰まりにくくすることが必要です。

塗り薬にもその効果が求められます。

ニキビ治療で重要な原因の改善

ニキビの治療では、塗り薬だけでは改善しないことは良くあります。
その場合、内服薬を併用する子ことで改善することは多いです。

例えば、ビタミンB群やCなどのビタミン類は皮脂の分泌に対する作用をしたり、
健康で美しい肌作りに有効な成分となっています。

又、抗生物質は雑菌の繁殖を抑えてくれる効果が期待できますので、
赤く炎症を起こした症状に効果的です。

効く薬

内服薬は、ビタミン剤や抗生物質が保険診療では処方されますが
それで治らない場合には、美容クリニックなどで処方される薬も有効です。

美容クリニックでは、低用量ピルや皮脂の分泌を抑えてくれる薬が処方されます。
一般診療で改善しない場合には、ホルモンバランスの改善をしたり
皮脂の分泌を抑える薬が有効です。

保険は適用になりませんが、一般診療では使われない効果の高いものが処方されます。
原因がホルモンのアンバランスの場合、そうした治療が有効なケースもあります。